天気が悪い日、こんな人はいませんか?「雨が降ると頭痛がする」こんな人はHARIS整体院の施術を受けてください!!

天気が悪い日、こんな人はいませんか?「雨が降ると頭痛がする」こんな人はHARIS整体院の施術を受けてください!!

最近雨が多いですが肩こりから「頭痛」がひどくなる人はいませんか?
なぜ天気の悪い日に「頭痛」が起きやすいのか?

①ヒスタミンの過剰分泌
曇った日や雨が降った日は気圧が低くなります。ヒトの体は気圧が低い状態に居続けると、体内でヒスタミンと呼ばれる物質が盛んに生成されます。

ヒスタミンは体内に炎症を引き起こす物質であり、血管を拡張させ血管周辺の神経が刺激されることで頭痛がおきます。

②自律神経バランスの乱れ
急激な気候の変動や低気圧の接近は、自律神経のバランスが乱れます。自律神経には交感神経と副交感神経があり、全身の様々な機能を調節しています。

気圧の変化によってこの交感神経と副交感神経のバランスが乱れると、頭の血管が過剰に収縮したり拡張したりすることで、血管周囲を走行する神経に刺激を与え、頭痛を引き起こします。

〔対処法〕
①ストレスや疲れを溜めない
雨の日の頭痛は自律神経の乱れが原因となることがあります。気圧が低くなるとただでさえ乱れがちになる自律神経のバランスを維持するには、日頃からストレスや疲れを溜めない生活を心がけるようにしましょう。

②ストレッチをする
雨の日に頭痛が生じたときにはストレッチをしてみるとスッと改善することがあります。ストレッチは筋肉をほぐして全身の血行を改善させる作用があります。このため、気圧の変化によって生じたむくみを改善し、頭痛を軽減する効果が期待できます。

②耳マッサージをする
気圧の変化を敏感に感じ取る部位は「内耳」です。気圧が低くなると内耳にむくみが生じますが、むくみがひどくなりやすい人ほど頭痛が生じやすいと考えられています。両耳をつまんで上下左右に回したり、耳の周囲を指の腹で押したりすると内耳のむくみが解消され、頭痛も軽減することがあります。

肩こり頭痛で困っている人はHARIS整体院で整体を受けてみてください!!